短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    以ての外 天命待たず断つ命  (和憲)
(標目  親の情に何故背く)
 追吟  断つ命絆断ち切る親不孝

地    多年草 古来種侵す外来種  (良春)
(標目  国技相撲も似たような事態)

人    向かっ腹 山に向かいて馬鹿野郎  (雄飛)
(標目  心壮快迷惑掛けず)

二    竜馬伝 日本の夜明け駆けて逝く  (純一)
三    星の数 なれど息子に嫁がない  (土筆)
四    常習犯 弱い意志衝く魔の誘い  (和憲)
五    たばこ税 煙に縋る国予算  (公三)
六    家守る鬼門清めて無事の日々   (孝代)<読み込み 鬼>
七    白内障 世間が広くなる手術  (豪人)
八    本日で定年迎え祝い酒   (芳英)<折り句 ホテイ>
九    以ての外 罪なき人の懲役刑  (新一)
十    永遠の美は健康な素肌より  (直樹)<折り句 エビス>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 04:00 |  安冨冠句会例会