短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    常習犯 人差し指の曲がり癖  (純一)
(標目  生まれついてか性格なのか)
 追吟  曲がり癖伸びないままの務所暮らし

地    多年草 じっと我慢で命の灯  (新一)
(標目  寒さ耐えればいつかは春が)

人    常習犯 低年化する世が恐い  (政信)
(標目  正しい心教えてやろう)

二    向かっ腹 また顔を出す正義感  (純一)
三    たばこ税 意思の弱さが追い打ちか  (哲男)
四    平成の鬼より恐い大不況  (新一)
五    竜馬伝 海が似合うぜこの男  (和憲)<詠み込み 鬼>
六    凛として 天を仰いだ加茂の寅  (新一)
七    以ての外 罪なき人の懲役刑  (新一)
八    白内障 あなたどなたと眼鏡拭く  (千翔)
九    恵方巻き美女が太巻寿司かぶる  (土筆)<折り句 エビス>
十    今日もリハビリ馴染みの顔と 老いの日課は医者通い  (春風)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 05:00 |  安冨冠句会例会