短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    多年草 未来安泰根を残す  (土筆)
(標目  父の築いた大きな遺産)
 追吟  根を残す萌ゆる命に感動す

地    物悲し愛する者が鬼籍へと  (雄飛)<読み込み 鬼>
(標目  雪降る里に別れは辛し)

人    細くとも天命といういのち燃ゆ  (純一)<折り句 ホテイ>
(標目  凡に営む田畑の稔り)

二    凛として 唯悠然と冬の山  (春風)
三    白内障 術後明るく別天地  (春風)
四    笑う薬が何より大事 老いの日課は医者通い  (雄飛)<送り句>
五    たばこ税 煙に縋る国予算  (公三)
六    声を弾ませ頓知も混じえ 佳月あの世で喝入れる  (春風)<送り句>
七    星の数 億光年のロマン秘め  (純一)
八    以ての外 天命待たず断つ命  (和憲)
九    減らず口 その場その場でごまかして  (謙一郎)
十    竜馬伝 憂国の弁今まさに  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 07:00 |  安冨冠句会例会