短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(岸田戸楓 宗匠選)

岸田戸楓 宗匠選

天    地平線 沈む夕日の雄大さ  (芳英)
(標目  真赤な空に 大草原も)
 追吟  雄大さ大地も染めて巨大(おおき)火の玉

地    梅が咲き 香り一際句座の花  (耕作)
(標目  春の魁 桜と続く)

人    地平線 真っ赤に染めて陽は落ちる  (奎夫)
(標目  横一文字 空と草原)

二    父母の恩 報いぬままに子に尽くす  (春風)
三    雲晴れて 夕月古城を絵に浮かせ  (祥雲)
四    先ず吾が身迷惑かけぬ老いの日々  (千翔)<折り句 マメオ>
五    愛娘生きて帰れと耐えて待つ  (春風)<折り句 マイタ>
六    出勤を母が見送る凍結路  (佳月)<読み込み 凍>
七    二度と戦争することならじ 建国記念の宮参り  (春風)<送り句>
八    母の命日仏花に添えて バレンタインのチョコを買う  (佳月)
九    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
十    にっこりと 声かけ合って過疎老いる  (高男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 01:00 |  安冨冠句会例会