短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    空模様 地球の危機を感じさせ  (弥生)
(標目   この暖冬は世界を揺らす)
追吟   感じさせ異常気象に郷の危険

地    妻の死に心が凍る老いの日々  (芳英)<読み込み 凍>
(標目   対の湯呑みも肩身が狭い)

人    父母の恩 嫁ぐその日に墓参り  (直樹)
(標目   見せに来ましたしあわせ涙)

二    老いの冬 灯油値上げで野良仕事  (政信)
三    にっこりと 三重丸を見せに来る  (純一)
四    凍てついた道行く人の千鳥足  (篤子)<読み込み 凍>
五    車事故胸の芯まで凍り付く  (新一)<読み込み 凍>
六    まだ見えぬ目指す冠句の奥深し  (土筆)<折り込み マメオ>
七    待ち惚け異国横綱ただ一人  (佳月)<折り込み マイタ>
八    松葉蟹陰の港は大漁旗  (豪人)<折り込み マイタ>
九    雲晴れて 笑顔で帰る再検査  (和憲)
十    地平線 昇る朝日に幸祈る  (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 02:00 |  安冨冠句会例会