短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
(標目  筆のしずくは苦節を語る)
追吟  老いの筆 余白に向けて動き出す

地    父母の恩 ただ線香で返すのみ  (純一)
(標目  おりん打つ手のしぐさも父似)

人    陽の恵み凍てし心の戸を開く  (公三)<読み込み 凍>
(標目  心やわらぐ太陽昇る)

二    愛娘生きて帰れと耐えて待つ  (春風)<折り句 マイタ>
三    梅が咲き 散らす香りが詩を生む  (耕作)
四    父母の恩 一系の糸綱を張る  (治子)
五    雲晴れて 人情拾た裏通り  (和憲)
六    老いの冬 夫婦互いの杖となり  (純一)
七    にっこりと 風が耳打ち春を告げ  (千翔)
八    老いの冬 じっと我慢の詩衣  (佳月)
九    雲晴れて 陽は温かく人包む  (高男)
十    訳言って 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 03:00 |  安冨冠句会例会