短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    雲晴れて 千の風舞う阿弥陀の里  (新一)
(標目  池中の蓮花 光放つ)
 追吟  阿弥陀の里迦稜頻伽のお出迎え

地    梅が咲き 色香をそえて風情増し  (春風)
(標目  枯山水に早春の訪れ)

人    二千六百六拾七の 建国記念宮参り  (佳月)<送り句>
(標目  起源は長し永久に栄えん)

二    にっこりと 晴れて米寿の夫婦花  (直樹)
三    年明けて 越えて嬉しや八十路坂  (弥生)
四    父母の恩 記憶は消えぬこの絆  (耕作)
五    旬うすれ年中食材冷凍庫  (豪人)<読み込み 凍>
六    東風吹かば凍てる大地も草萌える  (弥生)<読み込み 凍>
七    松葉蟹陰の港は大漁旗  (豪人)<折り句 マイタ>
八    地平線 駱駝の背なで見る砂漠  (豪人)
九    梅が咲き 絵手紙嬉し花談義  (和憲)
十    老いの冬 暖冬なれど火が恋し  (千代子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 04:00 |  安冨冠句会例会