短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    梅が咲き 太宰府の神東風に酔う  (佳月)
(標目  神はそれぞれ得手を持っている)
 追吟  東風に酔う加茂の大神干支に酔う

地    年明けて また黙々と老いの坂  (公三)
(標目  増々坂はキツクなるけど)

人    老いの冬 寒さも募る友が減り  (芳英)
(標目  暑さ寒さを気をつけて貰う)

二    地平線 赤い夕日を乗せている  (純一)
三    まず吾が身迷惑かけぬ老いの日々  (千翔)<折り句 マメオ>
四    父母の恩 背別してから身にしみる  (泉水)
五    老いの冬 中身細いが着膨れて  (千代子)
六    わからない テレビで跳ねる若い歌  (戸楓)
七    訳言うて 妻が怪しむシャツの紅  (和憲)
八    地平線 山家育ちは知らぬまま  (土筆)
九    悲しみに数珠も凍る通夜帰り  (和憲)<読み込み 凍>
十    高野山凍てる豆腐と南無大師  (祥雲)<読み込み 凍>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 05:00 |  安冨冠句会例会