短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年3月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
(標目  有終の美を雅友と飾らん)
 追吟  老いの筆 詩をみちずれに季を歩む

地    老いの冬 無位無冠にて欲少し  (純一)
(標目  生きる証をほんのりと出す)

人    訳言うて 休暇が叔父を二度殺す  (政信)
(標目  掟をくぐるテクニックあり)

二    老いの冬 夢を紡ぎて春を待つ  (千翔)
三    にっこりと 天の標目胸の内  (豪人)
四    わからない 誰の血を引く出世ぶり  (千翔)
五    雲晴れて 笑顔で帰る再検査  (和憲)
六    父母の恩 風除けとなり傘となり  (治子)
七    訳言うて 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
八    訳言うて 頷く親の目が恐い  (公三)
九    那智も消え華厳も消えて凍て柱  (政信)<詠み込み 凍>
十    二月忙しや寿司から豆に バレンタインのチョコを買う  (純一)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 07:00 |  安冨冠句会例会