短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    雪中花 じっと我慢の夜が明ける  (新一)
(標目  努力の蕾膨らみし日よ)
 追吟  夜が明ける今日は開くか明日は咲くか

地    もとの鞘 故郷に帰る鮭の群れ  (新一)
(標目  死力尽くして散るも運命か)

人    ここまでは末路の歳を遅刻せず  (祥雲)<折り句 コマチ>
(標目  友ある限り雅道精進)

二    陽の目見る 明けぬ夜はなし人生は  (新一)
三    人になれよと心を鬼に 母が見守る巣立ち鳥  (千翔)<送り句>
四    赤い糸 結び目太い共白髪  (芳英)
五    元の鞘 団塊世代故郷へ  (新一)
六    陽の目見る 姫路菓子博城が招ぶ  (良春)
七    壁厚し 官僚という名の牙城  (政信)
八    独りぐらし めし風呂寝るとまだ言えず  (泉水)
九    陽の目見る 丹波恐竜眩しげに  (政信)
十    鳴り止まぬ受験シーズン神の鈴  (土筆)<詠み込み 鈴>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 01:00 |  安冨冠句会例会