短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    赤い糸 男結びが離さない  (和憲)
(標目  男心に尽くす真心)
 追吟  離さない異体同心ひたすらに

地    合格へ今日満願の鈴を振る  (佳月)<読み込み 鈴>
(標目  勇気もらえる今日は満願)

人    独りぐらし 月も私もお日様も  (公三)
(標目  一人ぼっちは天も夜昼)

二    この橋の真ん中通る知恵を借り  (直樹)<折り句 コマチ>
三    独りぐらし 日めくりに云う今日の事  (國子)
四    雪中花 白い帽子は重かろう  (春風)
五    そこに春 水取り終えた二月堂  (春風)
六    コロンブス丸い地球の地図を画く  (豪人)<折り句 コマチ>
七    雪中花 因果を秘めて咲く哀れ  (戸楓)
八    裏ばなし 涙の堰が耐え切れず  (直樹)
九    壁厚し 安堵の灯りまだ見えぬ   (千翔)
十    人になれよと心を鬼に 母が見守る巣立つ鳥  (千翔)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 03:00 |  安冨冠句会例会