短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    そこに春 老いにも望夢もあり  (千代子)
(標目  桜古木も瑞しき花咲く)
 追吟  夢もあり背一杯の雅の暮らし

地    もとの鞘 親のエゴより子の未来  (直樹)
(標目  崩して積んで一途に耐えた)

人    ちらほらと 山の中腹咲く辛夷  (戸楓)
(標目  芽葺きさきがけ目を引く白さ)

二    赤い糸 不思議な御縁句座の友  (千代子)
三    独り暮らし 老いに介護の危機迫る  (政信)
四    雪中花 菰から覗く寒牡丹  (豪人)
五    もとの鞘 云いたい事も飲み込んで  (國子)
六    陽の目見る丹波恐竜眩しげに(政信)
七    陽の目見る 重ね袴で土筆出る  (國子)
八    陽の目見る 父の残した斧を研ぐ  (善三郎)
九    甲子園 マーチ軽やかチアガール  (和憲)
十    明石海峡近海の幸鯛と蛸  (豪人)<折り句 アキタ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 04:00 |  安冨冠句会例会