短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    赤い糸 結ばれて今銀の色  (芳英)
(標目  風雪耐えにぶく光りて)
 追吟  銀の色晴れて金婚共白髪

地    あとが無い今日一日を大切に  (佳月)<折り句 アキタ>
(標目  今日と云う日が一番若い)

人    壁厚し 官僚といふ名の牙城  (政信)
(標目  目に見えないが難攻不落)

二    赤い糸 香華でつなぐ彼岸花  (佳月)
三    別れ惜しむが涙は見せぬ 母が見守る巣立ち鳥  (公三)<送り句>
四    ちらほらと 縁談が来るときが花  (佳月)
五    言葉かけ真心かよう地域の和   (耕作)<折り句 コマチ>
六    独りぐらし 過去の栄華が夢濡らす  (祥雲)
七    そこに春 夢も膨らむランドセル  (直樹)
八    ちらほらと 弥生の空に名残雪  (公三)
九    もとの鞘 茶番演じて鳴呼夫婦  (和憲)
十    陽の目見る 二浪三浪サクラ咲く  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 06:00 |  安冨冠句会例会