短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    赤い糸 結び目太い共白髪  (芳英)
(標目  縁はいなもの切れそうで切れず)
 追吟  共白髪あやかりたしや睦まじく

地    もとの鞘 復縁させた子の寝顔  (佳月)
(標目  子に罪はなし子は鎹と)

人    明石海峡近海の幸鯛と蛸  (豪人)<折り句 アキタ>
(標目  気候温暖 風景抜群)

二    ランドセル背中で鈴が歌ってる  (篤子)<読み込み 鈴>
三    もとの鞘 返る港はただ一つ  (公三)
四    独りぐらし 類は友呼ぶ助け合う  (篤子)
五    雪中花 水位音譜季を歌う (佳月)
六    赤い糸 色褪せないよ白寿まで  (豪人)
七    もとの鞘 丸く納めた老いの知恵  (高男)
八    壁厚し 霞が関と言う砦  (純一)
九    ちらほらと 舞い落ち消ゆるなごり雪  (守磨呂)
十    ちらほらと 梅ほころびて春告げる  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 07:00 |  安冨冠句会例会