短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年3月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      陽の目見る 丹波恐竜眩しげに  (政信)

四選   そこに春 夢も膨らむランドセル  (直樹)

三選   赤い糸 結び目太い共白髪  (芳英)
      もとの鞘 丸く納めた老いの知恵  (高男)
      壁厚し 官僚という名の牙城  (政信)
      春財布孫付けくれし鈴が鳴る  (國子)<読み込み 鈴>
      赤い糸 男結びが離さない  (和憲)
      赤い糸 不思議な御縁句座の友  (千代子)
      ちらほらと 弥生の空に名残雪  (公三)
      あとが無い今日一日を大切に  (佳月)<折り句 アキタ>
      陽の目見る 明けぬ夜はなし人生は  (新一)
      笑顔絶やさず歩んでほしい 母が見守る巣立ち鳥  (孝代)<送り句>
      裏ばなし まことしやかに口千里  (恒男)
      裏ばなし 井戸端会議主婦の趣味  (奎夫)
      ちらほらと 句会で我が名出て安堵  (和憲)
      裏ばなし 人の噂に尾鰭つき  (哲男)

      以上 三選14章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-03-27 08:00 |  安冨冠句会例会