短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    勤め終え余生は農に腰を入れ  (公三)<読み込み 腰>
(標目 土を肥やせば鍬錆び付かぬ)
追吟  腰を入れ過疎地の農は我が腕に

地    身を捨てて 耐えた苦労に花が咲く  (耕作)
(標目 苦節十年根も葉も苦労)

人    頷いて 法話聴く人眠る人   (和憲)
(標目 舟こぐ人はどこえ行くやら)

二    終電車 働き蜂の仮眠室  (純一)
三    春彼岸 蝶も一緒に墓参り  (芳英)
四    足腰で耐えた苦労に花開く   (耕作)<読み込み 腰>
五    嬉しいねいい日旅立ち明日へ夢 (雅城)<折り句 ウイア>
六    台所 季節盛り込み旬の味  (千翔)
七    台所 そこは我が家の司令塔  (善三郎)
八    身を捨てて 爆弾抱え自爆テロ  (豪人)
九    身を捨てて ヤケド覚悟の恋の道  (哲男)
十    頷いて 聞いた法話をもう忘れ (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 01:00 |  安冨冠句会例会