短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    受け止めて茨の道も諦めず  (芳英)<折り句 ウイア>
(標目  三歩進んで二歩下がりつつ)
 追吟  諦めず積んだ努力で幸掴む

地    内緒事 地下へ潜って動く金  (和憲)
(標目  法の裏掻き抜け道作り)

人    頷いて 父母に送られ巣立つ春  (直樹)
(標目  期待と希望夢ふくらませ) 

二    終電車 デートの余韻かみしめて  (千翔)
三    頷いて 振込み詐欺の罠に泣く  (公三)
四    身を捨てて 享年若し義士の墓  (純一)
五    過疎の春風谷間の山に 鶯鳴かす梅の花  (恒男)<送り句>
六    内緒事 女の感に歯が立たぬ  (公三)
七    台所 仕事はじめも納めるも  (純一)
八    ホワイトデー この恋本気かも知れず  (純一)
九    勤め終え余生は農に腰を入れ  (公三)<送り句>
十    静電気 恋の予感が手に伝う (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 03:00 |  安冨冠句会例会