短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    紙一重 拍手の天に地の惜しい  (孝代)
(標目  待つはどきどき済めばやっぱり)
 追吟  地の惜しい八十八点これもまた

地    台所 使いこなせぬ器具の増え  (純一)
(標目  もったいないがアクビしている)

人    商売は薄利多売と低い腰  (泉水)<読み込み 腰>
(標目  心してます客は神様)

二    詩拾う 月皓々と過疎静か  (春風)
三    終電車 悲喜こもごもに今日終わる  (良春)
四    身を捨てて 命を拾う消防士  (清)
五    ランナーの腰におどるや守り札  (純一)
六    詩拾う 楤の芽並ぶ道の駅   (芳英)
七    頷いて 味は絶品指で丸  (善三郎)
八    受け止めて茨の道も諦めず  (芳英)<折り句 ウイア>
九    ホワイトディー 嬉しさ込めた倍返し (泉水)
十    詩拾う 老いの坂道花日和  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 04:00 |  安冨冠句会例会