短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    台所 主婦が一番似合う城  (芳英)
(標目  山の神様定年は無し)
 追吟  似合う城世界遺産はおらが里

地    紙一重 拍手の天に地の惜しい  (孝代)
(標目  三光三句甲乙の無し)

人    詩暦田舎の四季にある平和  (直樹)<折り句 ウイア>
(標目  花も笑いし鳥も唄いて)

二    台所 鍋が歌って匂います  (千翔)
三    春彼岸 巡る季節の露払い  (雅城)
四    初々し一番咲きにある魅力  (土筆)<折り句 ウイア>
五    頷いて 議長議決の風を読む  (泉水)
六    紙一重 強い弱いは気迫の差  (謙一郎)
七    人生の苦労乗り切る二枚腰  (芳英)
八    初音まだまだ旨くはないが 鶯鳴かす梅の花  (千翔)<送り句>
九    開巻日老いも若きも笑顔見せ  (和憲)<折り句 カオエ>
十    内緒事 一寸火傷がしてみたい  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 05:00 |  安冨冠句会例会