短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    香りたつ奥義の茶筅絵となりて  (千翔)<折り句 カオエ>
(標目  見事なお点前優美な香り)
 追吟  絵となりて優雅な光景目に浮かぶ

地    内緒事 始め浅瀬がつい深み  (土筆)
(標目  限度わきまえ自制して)

人    憂えども癒えて安堵や明日は晴  (純一)<折り句 ウイア>
(標目  人生努力朝日は昇る)

二    春彼岸 先祖に感謝今日の幸  (耕作)
三    台所 湯気の向こうに妻の笑み  (孝子)
四    詩拾う 残り火もやす老いの日々  (耕作)<折り句 ウイア>
五    腰低く風雪耐えた老いの道  (耕作)<読み込み 腰>
六    頷いて 捕手のミットに変化球  (芳英)
七    上向いて生きる努力に明日がある  (耕作)<折り句 ウイア>
八    嬉しいねいい日旅立ち明日へ夢  (雅城)<折り句 ウイア>
九    嬉しいな何時も引き合う赤い糸  (豪人)<折り句 ウイア>
十    終電車 都会の喧噪詰め込んで  (恒男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 06:00 |  安冨冠句会例会