短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    身を捨てて 散りにし人の数知れず  (善三郎)
(標目  何を思うて突進す)
 追吟  数知れず英霊と言う文字刻む

地    紙一重 雪洞やさし灯を包む  (土筆)
(標目  身を寄せ温み救助待つ)

人    香りたつ奥義の茶筅絵となりて  (千翔)<折り句 カオエ>
(標目  美しき人の手元で薫る技)

二    頷いて 議長議決の風を読む  (泉水)
三    詩拾う 西へ東へ山頭火  (公三)
四    足腰を鍛え備える高齢期  (良春)<読み込み 腰>
五    終電車 行き着く先は弥陀の里  (芳英)
六    ホワイトデー 女うれしき誤算あり  (純一)
七    紙一重 海子の文字がのしかかる  (奎夫)
八    身を捨てて 享年若し義士の墓  (純一)
九    春彼岸 尽きぬ思いに濡れる頬  (和憲)
十    上向いて生きる努力に明日がある  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 07:00 |  安冨冠句会例会