短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年3月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      終電車 悲喜こもごもに今日終わる  (良春)

四選   勤め終え余生は農に腰を入れ  (公三)<読み込み 腰>

三選   受け止めて茨の道も諦めず  (芳英)<折り句 ウイア>
      身を捨てて 散りにし人の数知れず (善三郎)
      紙一重 拍手の天に地の惜しい  (孝代)
      上向いて生きる努力に明日がある (耕作)<折り句 ウイア>
      台所 そこは我が家の司令塔  (善三郎)
      開巻日老いも若きも笑顔見せ  (和憲)<折り句 カオエ>
      春彼岸 心柔らぎ水ぬるむ  (雅城)
      内緒事 女の感に歯が立たぬ  (公三)
      紙一重 意志の強さと頑固者  (芳英)
      通い合うお前あなたで描く夢  (公三)<折り句 カオエ>
    

      以上 三選10章

多選 12章でした。今回も多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 08:00 |  安冨冠句会例会