短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    吟魂は言葉の妙で味を増す  (耕作)
(標目  心打つ詩万人ゆさぶる)
 追吟  味を増す調和を添えて旨みます

地    秀吟の味わい深し天位なる  (雄飛)
(標目  味ある句意は胸にしみいる)

人    鶴の一声評定締める 多弁に勝る重い口  (純一)<送り句>
(標目  人望厚き声にうなずく)

二    怪気炎 いざ鎌倉が口火切る  (和憲)
三    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>
四    サンドイッチ 一つふとんで川と寝る  (恒男)
五    一苦労 二大政党姑と嫁 (純一)
六    公に 言い訳問答見苦しい  (哲男)
七    一苦労 我が子の寝顔明日の糧  (耕作)
八    健やかに生き抜く老後力みなし  (春風)<折り句 スイリ>
九    礼儀欠き記録残した賜杯泣く  (春風)<折り句 レキシ>
十    サンドイッチ 満員電車押し込まれ  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 01:00 |  安冨冠句会例会