短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    無尽蔵 資源はないが技術あり  (良春)
(標目  未来明るし贅沢せねば)
 追吟  技術あり資源を作りだす技も

地    サンドイッチ 辛い中間管理職  (純一)
(標目  権限少なし責任重し)

人    公に 大手を振った領収書  (和憲)
(標目  これさえあれば鬼に金棒)

二    春霞 大地が羽織る季のショール  (和憲)
三    梅見頃 まだぎこちなき初音聴く  (千翔)
四    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
五    溜まってる 妻のストレス無給の身  (孝代)
六    体験談 聞く目が輝く子供たち   (智稔)
七    一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
八    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>
九    住み慣れた今の田畑が理想郷 (豪人)
十    澄み渡る詩吟の美声天を突く  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 03:00 |  安冨冠句会例会