短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    霊前に清め手向ける四季の花  (直樹)<折り句 レキシ>
(標目  思い届ける黄泉路の人え)
 追吟  四季の花色とりどりの感嘆符

地    澄み渡る詩吟の美声天を突く  (新一)<読み込み 吟>
(標目  音吐朗々、座を圧すなり)

人    公に 決断求む基地移転  (直樹)
(標目  過去の密約今も引きずる)

二    無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)
三    溜まってる 小銭かぞえる孫が居る  (孝子)
四    春霞 小鳥が歌う過疎の里  (耕作)
五    少し貯め今は低利の利子に泣く  (泉水)<折り句 スイリ>
六    怪気炎 まあ如何程の春の夢  (直樹)
七    いつも優しく威張らず真面目 多弁に勝る思い口  (謙一郎)<送り句>
八    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
九    怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
十    好きな道生き甲斐もあり理屈抜き  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 04:00 |  安冨冠句会例会