短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    体験談 反省もあり自慢あり  (純一)
(標目  長い人生色々あるよ)
 追吟  自慢あり苦はそっちのけ話さない

地    サンドイッチ 部下と上司の痛み分け  (雄飛)
(標目  中間職は板ばさみ)

人    無尽蔵 親子の愛は限りない  (芳英)
(標目  人だけでなく動物もみな)

二    梅見頃 まだぎこちなき初音聴く  (千翔)
三    水線の入り日真っ赤に離島染め  (良春)<折り句 スイリ>
四    公に 決断求む基地移転  (直樹)
五    一苦労 他人の「めし」で腕磨く  (耕作)
六    怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
七    体験談 風化はさせぬ震災者  (和憲)
八    無尽蔵 阿弥陀如来が廻す慈悲  (和憲)
九    日本の美羽織袴で吟の舞い  (公三)
十    霊峰の木々の紅葉四季の景  (新一)<折り句 レキシ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 05:00 |  安冨冠句会例会