短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    無尽蔵 心の財を積み上げて  (春風)
(標目  荷物にならぬ人生観)
 追吟  積み上げて社会に返す英知と理性

地    体験談 語り継ごうよきのこ雲  (春風)
(標目  戦争放棄永遠に)

人    日本の美羽織袴で吟の舞い  (公三)<読み込み 吟>
(標目  朗々と天地に響く輪の心)

二    無尽蔵 愛の泉は測れない  (雄飛)
三    無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)
四    体験談 泥が教えた明日の夢  (直樹)
五    一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
六    列島も軋む不況に四苦八苦  (純一)<折り句 レキシ>
七    健やかに生き抜く老後力みなく  (良春)<折り句 スイリ>
八    連綿と極めて深し趣味の道  (直樹)<折り句 レキシ>
九    男無口で夢追うロマン 多弁に勝る重い口  (千賀子)<送り句>
十    溜まってる 練りよが足らぬ脳の味噌  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 06:00 |  安冨冠句会例会