短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    泡銭 怠惰の花が根を這わす  (直樹)
(標目  心くすぐる見栄と快楽)
 追吟  根を這わす一夜の夢追う泡花

地    一苦労 未だ未だ越える山河あり  (雄飛)
(標目  あなたおまえで歩む人生)

人    雪中花長寿の糧となりし吟  (千翔)<読み込み 吟>
(標目  声は朗朗余生吟じる)

二    梅見頃 句箋が唸る峠茶屋  (直樹)
三    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>
四    天の迷い子浮かれて踊る 季節外れの雪が降る  (純一)<送り句>
五    無尽蔵 余生安めり詩の海  (直樹)
六    怪気炎 自国の小旗冬五輪  (豪人)
七    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
八    一苦労 認知の母に手が足りぬ  (直樹)
九    梅見頃 春を待つ孫の初歩き  (孝代)
十    公に 笑いの消えた世の不正  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 07:00 |  安冨冠句会例会