短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年3月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  六選  
    
      泡銭 汗のない金羽根生える  (新一)

四選   連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>

      無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)

      霊前に清め手向ける四季の花  (直樹)<折り句 レキシ>

      春霞 大地が羽織る季のショール  (和憲)

三選   一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
      梅見頃 まだぎこちなき初音聴く (千翔)
      サンドイッチ 部下と上司の痛み分け  (雄飛)
      無尽蔵 愛の泉は測れない (雄飛)
      溜まってる 悩みストレス趣味が消す  (良春)
      怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
      住み慣れた今の田舎が理想郷  (豪人)<折り句 スイリ>
      巣立つ子をいとしく思う離別の日  (千翔)<折り句 スイリ>
      一苦労 農継ぐ息子嫁探し  (泉水)
      サンドイッチ 一つふとんで川と寝る  (恒男)
      鈴鳴らし出雲の神に良縁を  (直樹)<折り句 スイリ>
      体験談 熱く語ろう生き字引  (公三)
      公に 婚約発表薬指  (孝代)
      梅見頃 匂いに春を乗せてこい  (耕作)
      無尽蔵 夜空のダイヤ夢くれる  (和憲)

      以上 三選15章

多選 20章でした。多選が多く充実しました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-03-25 08:00 |  安冨冠句会例会