短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(岸田戸楓 宗匠選)

岸本戸楓 宗匠選

天    道真公無念を晴らす梅の花  (千代子)<読み込み 梅>
(標目  誠の一字天を寃まず)
 追吟  梅の花心清かに春を待つ

地     匂いよし梅一輪の春の音  (新一)<読み込み 梅>
(標目  鶯も啼く春のおとずれ)

人    待ちかねた通知は吉と留守電に  (佳月)<折り句 マツル>
(標目  春を待つ心一家斉しく) 

二    広島と長崎被爆思い出す  (千代子)<折り句 ヒナオ>
三    理屈抜き 誠意に生きて悔いはなし  (祥雲)
四    いさぎよし 本望遂げて義士は逝く  (奎夫)
五    正に春 名もない花も総立ちに  (弥生)
六    風の音 矢車まわり泳ぐ鯉  (耕作)
七    花の旅 モモや林檎へ蜂連れて  (政信)
八    遺骨帰らぬ名誉の戦死 春の彼岸に墓参り  (佳月)<送り句>
九    ガラス張り お天道様は見てござる  (公三)
十    運命線 来世につなぐ徳を積む  (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 01:00 |  安冨冠句会例会