短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    梅が咲き散らす香りが春告げる  (耕作)<読み込み 梅>
(標目  うぐいす今日も元気に謳歌)<読み込み句 雲>
 追吟  春風にやがて桜が客を呼ぶ

地    人の世は情けや義理を怠らず  (祥雲)<折り句 ヒナオ>
(標目  もちつもたれず人生行路)

人    留守幸い 妻へそくり見てニヤリ  (耕作)
(標目  ちょっと借りたよかあちゃんすまん)

二    運命線 出世落目はその人に  (祥雲)
三    いさぎよし ここが引き際やめる時  (守磨呂)
四    春の夢 背負ってみせるランドセル  (和憲)
五    梅の香が故郷つつむ春の風  (祥雲)<詠み込み 梅>
六    梅の花散るに散れない寒戻り  (政信)<詠み込み 梅>
七    梅入れて湯で割る酒の香り良し  (恒夫)<詠み込み 梅>
八    いつも御無沙汰心でわびて 春の彼岸に墓参り  (公三)<送り句>
九    俺に取り付く貧乏神を 八幡さんで厄払い  (和憲)<送り句>
十    裏目裏目の人生模様 八幡さんで厄払い (和憲)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 02:00 |  安冨冠句会例会