短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    正に春 恋の扉を開ける君  (和憲)
(標目  前途誓いて天晴れ渡る)
 追吟  開ける君愛の絆は永久の幸

地    風の音 川面流れて野辺に春  (直樹)
(標目  レンゲタンポポ桜も咲いて)

人    理屈抜き 嬰児抱いた母の愛  (戸楓)
(標目  すがる乳房に情深まりて)

二    老翁は梅花と話すかの如く  (善三郎)<読み込み 梅>
三    人の世はなくてはならぬ恩と情  (耕作)<折り句 ヒナオ>
四    理屈抜き 苦楽の農を捨て切れず  (純一)
五    運命線 定めの糸に操られ  (奎夫)
六    千の風吹く墓前に感謝 春の彼岸に墓参り  (新一)<送り句>
七    カラス張り 施設園芸旬知らず  (奎夫)
八    風の音 花の妖精起してる  (直樹)
九    ガラス張り 拭かねば見えぬ永田町  (佳月)
十    春の夢 背負ってみせるランドセル  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 04:00 |  安冨冠句会例会