短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    盆梅の白が集めている視線  (純一)
(標目  馥郁として上品な白)
 追吟  居る視線離せぬ魅力そそとして

地    ガラス張り 拭かねば見えぬ永田町  (佳月)
(標目  チリも積って世の中見えず)

人    運命線 人生縮図手の平に  (純一)
(標目  転がされてる夫と妻)

二    風の音 桜散らすな雨呼ぶな  (泉水)
三    正に春 名も無い花も総立ちに  (弥生)
四    今の幸せ先祖に礼を 春の彼岸に墓参り  (芳英)<送り句>
五    人の世は情けや義理を怠らず  (祥雲)<折り句 ヒナオ>
六    人は皆無くて七癖表裏  (善三郎)<折り句 ヒナオ>
七    春の夢 背負ってみせるランドセル  (和憲)
八    春の夢 ラストダンスは風まかせ  (和憲)
九    ガラス張り 温室春の花盛り  (土筆)
十    花の旅 散れば筏で下る春  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 05:00 |  安冨冠句会例会