短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    理屈抜き 終着駅はきっと来る  (公三)
(標目  かたち有るものいつか崩るる)
 追吟  きっと来る待てば海路の日和あり

地    正に春 名も無い花も総立ちに  (弥生)
(標目  天のお恵み貧富の差なし)

人    いさぎよし 本望遂げて義士は逝く  (奎夫)
(標目  小藩なれど武士の意地あり)

二    過ぎざる月日も記憶は消せぬ 春の彼岸に墓参り  (耕作)<送り句>
三    花の旅 心は乙女今日一日  (弥生)
四    風の音 四季の色香を乗せて来る  (春風)
五    老翁は梅花と話すかの如く  (善三郎)<詠み込み 梅>
六    雛祭り 心華やか奥座敷  (土筆)
七    春の夢 ラストダンスは風まかせ  (和憲)
八    ガラス張り 知名度よりも透明度  (佳月)
九    正に春 出会いに別れ又涙  (守磨呂)
十    人の世はなくてはならぬ恩と情  (耕作)<折り句 ヒナオ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 06:00 |  安冨冠句会例会