短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    ガラス張り 三千グラムみな生命  (純一)
(標目  日本を背負う子は宝なり)
 追吟  みな生命少子社会の救世主

地    理屈抜き 終着駅はきっと来る  (公三)
(標目  到着駅までは強く明るく)

人    運命線 自力で開くいばら道  (新一)
(標目  努力で築く未来明るし)

二    盆梅の白が集めている視線  (純一)<読み込み 梅>
三    理屈抜き 神の御業を讃う春  (治子)
四    風の音 戦上手な甲斐の旗  (和憲)
五    正に春 たしかに動く花時計  (純一)
六    理屈抜き 世襲大事に血の澱み  (政信)
七    人は皆無くて七癖表裏  (善三郎)<折り句 ヒナオ>
八    過ぎる月日も記憶は消せぬ 春の彼岸に墓参り  (耕作)<送り句>
九    運命線 来世につなぐ徳を積む  (春風)
十    正に春 背中で踊るランドセル  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 07:00 |  安冨冠句会例会