短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年4月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      いさぎよく 押して駄目なら引く勇気  (公三)

四選   待ち兼ねた通知は吉と留守電に  (佳月)<折り句 マツル>

三選   盆梅の白が集めている視線  (純一)<詠み込み 梅>
      正に春 名も無い花も総立ちに  (弥生)
      いさぎよし 本望遂げて義士は逝く  (奎夫)
      理屈抜き 終着駅はきっと来る  (公三)
      老翁は梅花と話すかの如く  (善三郎)<読み込み 梅>
      ガラス張り 知名度よりも透明度  (佳月)
      ガラス張り 拭かねば見えぬ永田町  (佳月)
      老人の歩巾で暮れる梅の園  (弥生)<読み込み 梅>
      正に春 出逢いに別れ又涙  (守磨呂)
      二万本梅の枝間に瀬戸の海  (豪人)<読み込み 梅>

以下三選 (奎夫)(和憲)(春風)(新一)(耕作)(政信)(奎夫)(純一)
      久し振り 難波花月で大笑い  (直樹)

以上三選 十九章でした
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-04-26 08:00 |  安冨冠句会例会