短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    夫婦舟 絆に勝る涛は無い  (和憲)
(標目  縁ならばこそ愛あらばこそ)
 追吟  涛は無い明鏡止水春の波

地    唄乗せて つぶやく如く豆を選る  (純一)
(標目  収穫を掌に心満つ日よ)

人    過ぎし日に蒔いたお陰よ楽の種  (國子)<詠み込み 種>
(標目  因果はめぐる応報の徳)

二    夫婦舟 命預けし二輪草  (孝代)
三    連れが良い 悪友ですと呼べる仲  (政信)
四    とりまぜて 思い出を着る更衣  (純一)
五    唄乗せて 赤ん坊寝る乳母車  (良春)
六    まだ早い 老いの残照謳歌して  (新一)
七    九分九厘 明日の我が身を知らず生き  (千翔)
八    連れが良い 村捨て切れぬ顔揃う  (純一)
九    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)
十    花鳥風月愛せる冥利 健康と言う宝物  (春風)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 01:00 |  安冨冠句会例会