短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    日脚伸ぶ 病の身にも風光る  (孝代)
(標目  春の日差しに心やわらぐ)
 追吟  風光るベットから見る山の色

地    切なさや君への思い揺れ動く  (篤子)<折り句 セキユ>
(標目  純な気持ちで夜も寝られず)

人    夫婦舟 嵐の海もあったけど  (純一)
(標目  火花散らした過去の思いで)

二    差し出す手愛の種蒔くボランティア  (孝代)<詠み込み 種>
三    身体活かして心もひろく 口八丁に手八丁  (戸楓)<送り句>
四    まだ早い 君を返さぬ青い月  (和憲)
五    とりまぜて 大風呂敷に夢を乗せ  (直樹)
六    唐変木 我が世の春を貫いて  (和憲)
七    連れが良い 価値観同じ惚れた人  (孝代)
八    唄乗せて 眠りをさそう母の声  (春風)
九    種蒔きて待つもの一つ増えし日々   (純一)<読み込み 種>
十    唐変木 何とも云えぬ味がする  (美好)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 03:00 |  安冨冠句会例会