短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    桜鯛 追い込む網に華が咲く  (芳英)
(標目  姿色彩天下一品)
 追吟  花が咲く渦潮パノラマ豪快さ

地    唄乗せて 電波は届く宇宙から  (善三郎)
(標目  月より撮影地球が昇る)

人    日脚伸ぶ たらの芽山椒奥山へ  (戸楓)
(標目  初物求めて長者の暮らし)

二    とりまぜて 甘辛人生喜寿の春  (新一)
三    桜鯛 鳴門の潮が旬つくる  (和憲)
四    連れが良い 趣味で融け合う見ず知らず  (佳月)
五    達人も過酷な試練今がある  (春風)<折り句 タカイ>
六    頼もしい冠句に惹かれ活きる幸  (新一)<折り句 タカイ>
七    人生の喜怒哀楽は種にある  (耕作)<読み込み 種>
八    とりまぜて 色鮮やかなちらし寿司  (國子)
九    蒔かぬ種根強く伸びる春の畑   (春風)
十    唄乗せて 宴会はずむ手拍子に  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 04:00 |  安冨冠句会例会