短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選


天    夫婦舟 凪に夕日のシルエット  (恒男)
(標目  努力と愛で築きし絵巻)
 追吟  シルエット二人の絆融け合って

地    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<読み込み 種>
(標目  土におろして我子の如く)

人    唄乗せて 春風踊る幼稚園  (篤子)
(標目  未来を繋ぐ児等の育ち行く)

二    連れが良い お茶も話題も香ばしい  (和憲)
三    唐変木 変換削除出来ず老い  (千翔)
四    九分九厘 明日の我が身を知らず生き  (千翔)
五    とりまぜて 甘辛人生喜寿の春  (新一)
六    経つ千歳亀石守る甍葦  (良春)<折り句 タカイ>
七    お水取り 古来伝統脈々と  (土筆)
八    唄乗せて 浮世忘れた最上川  (國子)
九    短冊に書いた一句に癒されて  (公三)<折り句 タカイ>
十    連れが良い 類をもっての集まりで (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 05:00 |  安冨冠句会例会