短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    日脚伸ぶ 終点の無い四季めぐる  (佳月)
(標目  春夏秋冬待ったなしとて)
 追吟  四季めぐる永久(トワ)に変えるな我が地球(ホシ)よ

地    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<詠み込み 種>
(標目  出番待ってる小さな命)

人    夫婦舟 お年召された両陛下  (佳月)
(標目  平成の世も早二昔)

二    まだ早い 君を帰さぬ青い月  (和憲)
三    宝くじ買って夢見ていつも空  (戸楓)<折り句 タカイ>
四    お水取り 春待つ古都の夜空染め  (耕作)
五    菜の花の川辺彩るこぼれ種   (土筆)<読み込み 種>
六    唄乗せて 観光バスに満つ笑顔  (耕作)
七    連れが良い 気ごころ合って趣味も合い  (土筆)
八    淡淡と語る苦労に意地を見る  (佳月)
九    九分九厘 本物と見た模造品  (良春)
十    齢は思わず今生く幸よ 健康という宝もの  (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 06:00 |  安冨冠句会例会