短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年4月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      まだ早い 君を帰さぬ青い月  (和憲)

四選   過ぎし日に 蒔いたお陰よ薬の種  (國子)<読み込み 種>
     
      夫婦舟 凪に夕日のシルエット  (恒男)

三選   種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<読み込み 種>
      短冊に 書いた一句に癒されて  (公三)<折り句 タカイ>
      連れが良い お茶も話題も香ばしい  (和憲)
      とりまぜて 色鮮やかなちらし寿司  (國子)
      あの娘すごいが嫁には恐い 口八丁に手八丁  (千代子)<送り句>
      桜鯛 鳴門の潮が旬つくる  (和憲)
      とりまぜて 春を炊き込む五目飯  (佳月)
      九分九厘 勝った勝負で勇み足  (芳英)

      以上 三選8章

多選 11章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 08:00 |  安冨冠句会例会