短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年4月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    花に酔う 風ありて佳し無くてよし  (純一)
(標目 夜桜で良し呑める嬉しさ)
追吟  無くてよし笑顔があれば花要らぬ

地    ストライキ 労使泣きたい不況風  (雅城)
(標目 春闘日和晴れる日はなし)

人    良い返事 やっと我が家に灯が点る   (耕作)
(標目 三十路の娘祝福されて)

二    意地を張る 前向きなればそれもいい  (善三郎)
三    花に酔う 明日は我が娘の晴れ舞台  (直樹)
四    花に酔う 一役担う姫路城   (和憲)
五    色仕掛け 男を口説く夜の蝶 (芳英)
六    産声を聞いて両親嬉し泣き  (芳英)<読み込み 声>
七    泣き声で意志表示する赤ん坊  (篤子)<読み込み 声>
八    良い返事 酒が言わせるここちよさ  (千賀子)

九    入社式 決意新たに社会人  (謙一郎)

十    愛妻家 介護する手が温かい (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 01:00 |  安冨冠句会例会