短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年4月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    ハイチーズ並ぶ笑顔は皆美人  (純一)<折り句 ハナミ>
(標目  福々しくて幸せそうで)
 追吟  皆美人 笑顔に勝る宝なし

地    夢語る 我が子の瞳千里翔け  (直樹)
(標目  遥かを夢見希望満ちて)

人    お知恵拝借雑談楽し 命洗いに行く句会  (公三)<送り句>
(標目  幾つになれど生きてる限り)

二    花に酔う 夜桜城と月に映え  (春風)
三    春の海波穏やかに水ぬるむ  (善三郎)<折り句 ハナミ>
四    ストライキ 労使泣きたい不況風  (雅城)
五    良い返事 感謝で受けて返す恩 (土筆)
六    派遣切り為した努力も水の泡  (春風)<折り句 ハナミ>
七    花言葉 愛の表現粋なもの  (和憲)
八    愛妻家 外では怖い部長さん  (春風)
九    ストライキ 羊の群れにいる不安  (純一)
十    坐り心地がいつしか慣れて 茶房の隅が指定席  (恒男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 03:00 |  安冨冠句会例会