短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年4月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    良い返事 母さん無事と金賢姫  (良春)
(標目  )
 追吟  

地    老いの業淋しく積もる嫌悪感  (純一)<折り句 オサケ>
(標目  )

人    夢語る 宇宙滞在謎を解く  (良春)
(標目  )

二    花に酔う 桜花爛漫春の舞  (新一)
三    入社式 夢と希望に満ち溢れ  (芳英)
四    夢語る 冠句で余生埋めてみる  (和憲)
五    激しさに泣いた稽古が実る明日  (雅城)<折り句 ハナミ>
六    大当たり侍ジャパン健勝だ  (良春)<折り句 オサケ>
七    おくり人最高の賞敬意見せ  (泉水)<折り句 オサケ>
八    乾く心に冠句が沁みる 命洗いに行く句会(雅城)<送り句>
九    脳の活性生涯磨く 命洗いに行く句会  (孝代)<送り句>
十    意地を張る 某寂傍若無人の頑固者  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 04:00 |  安冨冠句会例会