短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年4月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    入社式 社長の椅子はただ一つ  (公三)
(標目  夢はでっかく心に秘めて)
 追吟  ただ一つ初心忘れず一歩ずつ

地    良い返事 やっと我が家に灯が点る  (耕作)
(標目  過疎の花嫁皆で祝う)

人    夢語る 二人三脚第一歩  (泉水)
(標目  夫婦仲良く目標持って)

二    ざわめきの声賑やかに初句会  (戸楓)<読み込み 声>
三    花に酔う 交わす盃唄乗せて  (泉水)
四    四月馬鹿 笑えるものにしておこう  (清)
五    色仕掛け 罪な野心の手が延びる   (千翔)
六    意地を張る 迷走相理投げ出さず  (新一)
七    もう一度あなたの声を聞きたくて  (孝代)<読み込み 声>
八    激しさに泣いた稽古が実る明日  (雅城)<折り句 ハナミ>
九    愛妻家 笑顔に惚れたこの一生  (千翔)
十    入社式 金の卵であふれてた  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 07:00 |  安冨冠句会例会