短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年4月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    花筏和む心が身を癒す  (耕作)<折り句 ハナミ>
(標目  小川賑わす長閑な風景)
 追吟  身を癒す風情豊かな人生を

地    入社式 進取の風に帆を揚げて  (直樹)
(標目  希望を胸に未知の世界唯ひとり)

人    夢語る 人生山あり谷もある  (春風)
(標目  人の世は照る日曇る日乗り越えて)

二    花言葉 愛は千慮の上に立つ  (耕作)
三    愛妻家 合わす歩幅に歌が湧く  (和憲)
四    ハッケヨイ投げ技得意右上手  (純一)<折り句 ハナミ>
五    駄句の推敲気兼ねが要らぬ 茶房の墨が指定席  (耕作)<送り句>
六    泳ぐ鯉五月の空を軽快に  (土筆)<折り句 オサケ>
七    憂き世忘れて至福の時間 茶房の墨が指定席  (篤子)<送り句>
八    民の声どこまで届く永田町  (和憲)<読み込み 声>
九    入社式 我が人生の始発駅  (直樹)
十    通夜の席挨拶の声とぎれ勝ち  (泉水)<読み込み 声>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 06:00 |  安冨冠句会例会