短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(岸田戸楓 宗匠選)

岸本戸楓 宗匠選

天    安富の良き伝統に生甲斐を  (土筆)<折り句 ヤヨイ>
(標目  切磋琢磨で趣味の根深し)
 追吟  生甲斐を永久に睦まじく短文芸

地    八十路坂齢めでたし生き字引  (新一)<折り句 ヤヨイ>
(標目  矍鑠として心にゆとり)

人    古狸 頼りにされる生き字引  (春風)
(標目  近畿もとより北陸若狭) 

二    渦を巻き 老若男女応援歌  (千代子)
三    木の芽和え 味覚香ぐわし我が厨   (土筆)
四    初燕 古巣忘れずご挨拶  (篤子)
五    選挙カー 鶯嬢も声からし  (奎夫)
六    麗らかに 季節が知ってる花心  (祥雲)
七    ルール無視 非常なるかなテロリスト  (春風)
八    縁ありて絆は深い夫婦仲  (祥雲)<詠み込み 縁>
九    古狸 仲をとり持つ老の知恵  (耕作)
十    手を抜いて 老補の味は出ません  (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 01:00 |  安冨冠句会例会