短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    山里で余生楽しく生きる幸  (耕作)<折り句 ヤヨイ>
(標目  四季を楽しむ老いの道楽)
 追吟  生きる幸田舎住居もおつなもの

地    木の芽和え 春の香りが過疎包む  (耕作)
(標目  ふるさと自慢山菜料理)

人    気は若い 老いを忘れる趣味の道  (春風)
(標目  今日も朝から冠句をひねり)

二    麗らかに 春の山里花に酔い  (祥雲)
三    始球式 役者選びも一苦労  (善三郎)
四    手を抜いて 不信で揺れた設計図  (佳月)
五    手を抜いて インスタントをほめられる  (政信)
六    縁あって三三九度の賭けをする  (佳月)<詠み込み 縁>
七    罪な人口説いておいて知らぬ顔  (祥雲)<折り句 ツクシ>
八    つまずいて苦労の末の幸せを  (恒夫)<折り句 ツクシ>
九    安富の良き伝統に生甲斐を  (土筆)<折り句 ヤヨイ>
十    山桜吉野に勝るいいながめ (千代子)<折り句 ヤヨイ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 02:00 |  安冨冠句会例会