短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    渦を巻き ぜんまいそっと春を告ぐ  (純一)
(標目  霜対策か綿帽子着て)
 追吟  

地    句座の縁命ぬくめて花と咲く  (治子)<読み込み 縁>
(標目  共有の福色香漂う)

人    古狸 人生経験生き字引  (新一)
(標目  )

二    気は若い 青春切符切る冠句  (和憲)
三    気は若い 知恵に泉の湧くかぎり  (佳月)
四    ご縁あり冠句の友と花見酒  (春風)<読み込み 縁>
五    古狸 煮ても焼いても喰えぬ者  (祥雲)
六    木の実和え 熱燗供に今日主役  (政信)
七    木の実和え ぴりっと舌打つ春の味  (新一)
八    木の実和え 香り色合い旬の味  (善三郎)
九    土に生き苦労に耐えて皺深し  (耕作)<折り句 ツクシ>
十    やる気出し余生冠句に生かす幸  (耕作)<折り句 ヤヨイ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 04:00 |  安冨冠句会例会